お部屋をプロデュース!

部屋を自分らしく

インテリアコーディネーターとは?

インテリアコーディネーターというのは、人々が住む居住空間において、快適に生活をしていける ように住まいのトータルサポートを提案していく人達の事を言います。 住まいが快適に過ごせる空間に変化して行くにつれて、その役割はますます重要となってきました。

インテリアコーディネーターになる為には、インテリアについて幅広い知識を持ち合わせるというのは 勿論のこと、それ以外にも基本的な建築、設計の知識も身に付けておかなければなりません。北欧家具のベッドの特徴として木の柔らかな雰囲気と香りがあげられます。と言った感じですね。

基本的には椅子やテーブル、ベッドなどの大きな家具をコーディネートしていくのが主な業務なのですが、 細かいところまで行くと、フォークやナイフ、スプーンなどの食器類やテーブルコーデに使う植物やプリザーブドフラワーギフトまでコーディネートすることもあるのです。

インテリアコーディネーターの魅力

インテリアコーディネーターは基本的に顧客の居住空間を更に快適な空間にしていく為に 知識を出してあげたりアドバイスをしてあげるのが主な業務です。 素敵な部屋へルームチェンジしてあげる職業ですね。ソファは素材にもしっかりとこだわりたいですね。

その他にもフリーランスとして 活躍したり、企業に就職したりすると言うことも出来、実に様々な分野で働くことの出来る 職業であると言うことは間違いありません。商品開発もモデルルーム管理も行うことが出来るので、 仕事をしていて飽きると言うことはほとんど無いでしょう。

インテリアコーディネーター資格の活かし方

インテリアコーディネーターの資格を十分に生かす方法としては、ハウジング業者や、工務店、 リフォームを手がけている会社、インテリアエレメントメーカー、専門店、百貨店、などで働ける と言うこともあるのですが、独立してフリーランスとして働くという道もあります。

やはり中でもフリーランスとして活躍している人が多いようです。情報発信や営業活動、事務作業など、 業務は多岐に渡るのですが、その分やりがいがあると言って頑張っている方も多いようです。

インテリアコーディネーターの試験のQ&A

受験資格はありますか?

年齢や性別、国籍などは問わずに誰でもインテリアコーディネーターの資格を取得する為の 試験を受けることが出来ます。しかし、1次試験と2次試験があり、2次試験に進むには、 1次試験を合格していないと進むことは出来ません。

試験内容について教えてください

インテリアコーディネーターの試験には、1次試験と2次試験があります。1次試験は 筆記問題で、筆記試験で50問のマークシート方式が採用されています。 1次試験を合格すると2次試験に向かうことが出来るのですが、2次試験は実技の 試験で、論文とプレゼンテーション試験があります。ここで合格することが出来れば、 晴れてインテリアコーディネーターの資格を手に入れることが出来るというわけです。

合格ライン、合格率について教えてください。

インテリアコーディネーターの試験の合格率は1次試験は20%前後、 2次試験は60%前後となっています。

1次試験を合格する為には、 最低でも7割の正解率は必要となってくるでしょう。最低でも7割ですから、 なるべく8割の正解率は欲しいところですね。2次試験については、意外と 合格率が高いのですが(まぁ試験をパスするくらいですのでそれなりの知識は あるはず)論文とプレゼンテーション、どちらもとりあえず完成させることが必要 であると言えるでしょう。

毎年合格ラインは変動しているようですので、 ハッキリとは言えませんが、とりあえず精一杯勉強しておきましょう(笑)

recommend

ブロックチェーンスクール

最終更新日:2019/1/22